美容皮膚科で美容治療

美容

美容皮膚科は一般の皮膚科とは違い、皮膚の疾患を治すのみではなく、美肌になるための美容治療を大きな目的としています。外科との違いは、メスを使うような手術はしないことです。容姿のコンプレックスを医療の力で解消するなら、外科での整形手術があります。プチ整形もありますが、外科ではもっと大きな全身麻酔の手術もできます。

美容皮膚科はメスは使わない方法であり、最先端の医療機器を使用したり、注射などを利用することで、肌を若く美しくしていきます。一般的な皮膚科とは違い、美しくなることが大きな目的なので、費用は全額自己負担です。費用は高額にはなりますが、エステサロンでのケアよりも、効果は高いですし、持続性がある方法です。

すぐに肌の若返りを希望する場合は、しわなどにはボトックスを注入したり、ヒアルロン酸を注入することもできます。最先端のマシンはとても優秀であり、光を照射するマシンで、大きなダウンタイムもなく、肌のあらゆるトラブルを解消することもできます。レーザー機器での照射であれば、光よりも強力なので、皮膚細胞の生まれ変わりを促進させることができます。レーザー治療の場合は、光とは違い少しダウンタイムがありますが、効果は光以上です。